きっかけを無理やり作って、何でも良いから始めちゃった方が良い?

麦秋を、ただ詠みたくて
山通る。


「麦秋」と言う言葉があります。
麦の収穫期(5月下旬~6月初旬)のことを、
収穫の秋になぞらえて実際は秋ではないにも関わらず呼ぶ言葉です。
この『麦秋』を使って俳句を詠みたいばかりに、
ショウケを越えて米ノ山峠を目指しました。


こうなると本末転倒ですね。
「こっち来ると帰りが遅くなるんだけど・・・」
でも、一方で来てしまった事を楽しんでる自分がいます。

結局、”きっかけ”を無理やり作って、何でも良いから始めちゃった方が良いと思います。

実はその事が、この句の隠れた主題です。
例えば僕の場合、仕事が終わって、ヒルクライムに向かうと言う行為
「今日は、ヤメとこうか」と思う事があります。
そう思いつつも実際に登り始めると、ほぼ毎回「迷っていた事」を忘れてます。
それとは逆にヤメてしまった場合、はるかに後悔する事が多いです。

ヒルクライムに例えましたが、人生に通じるとおもいます。
結婚でも、旅行でも、語学の勉強でも、人生でやりたい事があるなら始めた方が良いと思います。
ちょっとおおげさですか?
でも、皆さんにも覚えがあるんじゃないですか。

”やらなかった事で後悔する事はあっても、やり始めて後悔する事はほとんど無い。”

画像


さて、ショウケを越えたご褒美です。



麦秋と、バイクと夕陽
今この時。



今この時しか味わえない貴重な時間ですね。とても綺麗でした。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック