島原半島を(ボロ雑巾のようになって)楽しむ。

「島原半島を楽しむ」に行ってきました。

ぼろ雑巾(ぞうきん)のように・・・
全身くまなくずぶ濡れ、体力は搾り取られ
とにかく、とにかく疲れました。

しかし、楽しかった。そして、恐るべし「四王子友の会」


朝;2:50AM
起きると戦闘開始です。
起きてるとは思うけど念のため、N村君にメールを入れます。
「結構降ってますね。走りますか?」と返ってきます。
トクサンも「中止にしませんか」とメールが入ってきました。

確かに路面は濡れてる様子です。
YAHOO!で雲の様子を確認すると、今日のコースほぼすべてが雨雲の中です。
その事をN村君に伝えると、「エロビスさんと話してみます・・・。」
「え~っ」訊くまでもなく、彼の答えはわかってました。

「決行しましょう!」と連絡網にメールが一斉送信で入ってきました。
やっぱりね。

さぁ、ブッ飛ばします。
ここで第一のトラブルです。
電池を入れかえたサイコンが表示しません。
心拍計のベルトつけたのに意味をなさないばかりか
ケイデンスはもちろん、距離もスピードもでません。
・・・という事は、走っててペースが全くつかめません。
「ま、いいっか」

4:50AM;二日市温泉入口のセブンイレブンに集合しました。
トクサン、エロビス氏、N村君、と僕の4人です。
T田さんは奥さんの体調不良のため欠席です。

5号線を走り鳥栖、久留米、を経由して長洲を目指します。
「この雨の中、危険なので飛ばさずに走りましょう」
・・・いや、十分飛ばしてますよ。スリップが怖いくらいに。
でも、7:50分の出港には微妙なタイミングです。

画像

途中久留米で立ち寄ったコンビニで、寒いのに朝ガリ(朝からガリガリ君)するエロビス氏です。
「間に合いそうにないのでユックリ行きましょう。」と確かに彼は言いました。
でもスピードを緩めようとはしません。
わかりやすい人です。全然諦めてません。彼はそういう人なんです。
でもこうなる事を、楽しんでる様子の僕ら友の会も、少しオカシナ人達です。

おかげで間に合っちゃいました。
画像

「出港~っ」

ここまでの行程で全員ずぶ濡れです。寒くて仕方ありません。
これからの事を考えると、
出来れば、服が乾くまで半日位着かなければいいのにと思いますが・・・
すぐに着いちゃいます。

多比良港からは、サッカーで有名な国見高校の横を通って、雲仙を目指します。
しかし、長いっ!いつまでも、いつまでも続きます。
三郡山みたいなイヤラシイ激坂は無いんですが、とにかく長すぎです。
サイコンの表示が無い事がかえって良かったかも!

またもや、アウターで登る連中が居ますが、完全無視です。
雲仙をナメタラいけません。
僕は、小中高とこの山には何度となく行ってますが
クルマでも難儀するこの山をそう簡単に・・・
「え~っ」登っちゃってます。
やっぱり僕は置いてかれてます。
画像

再び降り出した雨に、仁田峠の休憩所で一時雨宿りしますがやみそうにありません。
もう行っちゃおうという事になりました。
画像

僕が高校生の時、雲仙合宿と言って勉強合宿があってたんですが
(僕の高校は「修学旅行は軟弱だ。必要ない。勉強合宿で充分だ。」と酷い方針でした。)
インターハイ出場のため遅れて行った事があったんですね。
そのとき、雲仙ではJAZZフェスティバルがあってて世界的にも凄いアーティストが来てたんです。
多分ハービーハンコックのバンドメンバーと思われる黒人がス~ッと自転車で下ってきたんですね。
僕も今日はあの時の彼みたいにスーッと下るつもりです。
「寒いっっ」
無理です。ゴメンナサイ。後輪は滑るし、何より寒いし!!!

千々石に下りてきたら、愛野を経由して、諫早湾堤防道路を走ります。
もう乳酸たまりまくった僕は25km/h(推定速度)も出せば一杯一杯です。
三人は鬼のようにずっと先を走っていきます。
小長井で昼食です。もうすでに14時です。

ここから有明海沿いを走ります。
多良から鹿島は微妙なアップダウンが続き、もうすっかりヘロヘロです。

鹿島で、トクサンが奥方の実家に向かうとのことでお別れです。

しかし、先が長い。
まだ佐賀にも着いてません。
「明るいうちに鳥栖まで行こう」との言葉です。
(それにはお前が遅れたら絶対にいかん)と僕が引かせてもらいます。
「たちばなさんペースがさっきより速いですよ」そりゃそうです必死ですから。

佐賀ではまた降り出しました。
佐賀大学の横を通ります。
(あっ、まだ部室がある。)
県庁の方に向かうのかと思ってたら、北部バイパスの方へと後ろから指示があります。

そうなんです。実はこのあたりはそこそこ知ってるんです。(ただし、大学から歩いていける範囲だけ)
だから、家に着く時間が想像つきます。(多分21時位です)
でも考えたらめげちゃうので、とにかくリズムをキープする事だけを考えます。
とは言え、気付くとバーハンドルを持ってる時間が長くなってます。

34号線を神埼、吉野ケ里、鳥栖と走ります。
鳥栖からは3号線を北上します。
筑紫野市に入ると、エロビス氏とお別れです。
なんだかんだ言って、この人がいると、こんなにキツイ旅路も楽しくなってしまうので不思議です。
握手しながら「また走りましょう。」と言われると「はい。」と答えてしまいます。
エロビス氏のブログです。
http://blog.livedoor.jp/elovisbicycle/archives/51742811.html

N村君とは大野城の某コンビニでお別れして、空港方面を目指します。
もう真っ暗なので、安全だけを考えて走りました。
何とか帰りつきました。予想通り21時頃。
もうヘロヘロ。余裕一切ナッシング!

今起きましたが、今日は休日出勤です。
全身が痛くて、自転車は無理だと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック