チベットに関する記事

チベットで何が起こっているのか、正直なところわからない。
取り急ぎ以下に記事を引用する。
この記事がどこまで正確であるか、またその意味するところは、
少し時間をかけて、検証していく必要がある。



チベット亡命政府からの報告
■ 2008年3月16日
3月14日にラサ市内で、少なくとも80人が殺害されたとの情報。遺体はラサ市内の公安当局の建物近くに隠された。
■ 2008年3月16日午前9時30分
キルティ寺(東チベット、アムド地方)が、中国軍によって完全封鎖された。
厳重な警戒の中、約一千人の僧侶らが寺院の外へ出て、寺院外で寺院封鎖に抗議するため集まっていた約一千人の一般人と合流。中国側は抗議デモをおこなう人々に向けて催涙ガスを使用。銃声も聞かれた。少なくともチベット人一人が射殺され、他に銃撃を受けた数名は重体。
■ 2008年3月16日
中国高官がチベット人の役人に向けて、抗議行動に参加しないよう指示。チベット人の役人たちは移動を厳しく制限され、自宅からの出入りにもいちいちサインをしなくてはならない。
■ 2008年3月15日
遺体を山積みにしたトラックがテルン地方(ラサ地方)方面へ走り去るのが目撃された。
■ 2008年3月15日
リタン(四川省甘孜チベット自治地区)での小規模な抗議行動において、少なくとも2名が逮捕拘束された。
■ 2008年3月15日
アムド地方ラブランにおいて、5000~6000人が大規模な抗議行動。多くの要求を掲げ、そのうちの一つにダライ・ラマの帰還を求める声もあった。
■ 2008年3月15日
ペンポ・ルンドゥップ区(ラサ地方)において、僧侶と一般人の抗議行動。
■ 2008年3月15日
ガンデン寺(チベット三大寺の一つ。ラサから50km)は、中国軍に包囲され極度の厳戒体制が敷かれた。おびただしい数の兵士が動員され、この地方の兵士宿舎が空になったほど。
■ 2008年3月15日
タシルンポ寺院(シガツェ)の内部で発砲。タシルンポ寺院の裏に隠れていた少なくとも40人の一般人が逮捕・拘束された。
■ 2008年3月15日
ラサ市内だけで500人を超す人々が逮捕された。しかし、チベット全土のあらゆる監獄に逮捕者が収容されていることから、実際の逮捕者数はこれを大幅に上回ると見られる。
■ 2008年3月15日
チベット内にいたすべてのメディア関係者が尋問を受け、記録媒体(ビデオ、写真等)は破壊もしくは没収された。
■ 2008年3月11日
タッパ(四川省甘孜チベット自治地区)において、中国警察によって三人のチベット人が殺害され、少なくとも10人が負傷した。中国当局から「抗議者は分離活動をおこなっているので射殺せよ」との指示が警官に出されていたとの報告がある。
中国は、戒厳令が敷かれていることを内外に隠している。
中国の軍と警察が、チベット各地に配備された。様々な中国軍部隊が各地で確認されており、チベット奥地の僻地にまで配備されている。中国当局は、チベットでの抗議を鎮圧するため、国防民兵や警察の監視官までもが召集した。学校、大学、店舗は閉鎖された状態が続いている。
僧院は、極度に厳重に監視され封鎖されている。
ラサは、完全に封鎖された。ラサへの出入り口は、すべて閉鎖された。


チベット暴動:「分裂勢力がぐるに」中国外務省が緊急会見


16日、中国チベット自治区ラサの市街地を走る装甲車両。香港のテレビ局が撮影した=AP
 【北京・浦松丈二】中国外務省の劉建超報道局長は17日夜、チベット自治区ラサで14日に発生した暴動について緊急会見し、「完全に中国の国内問題だ」と指摘したうえ、国連などによる現地調査の必要性を訴えたチベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世(インドに亡命中)や人権団体の要求を明確に拒否した。
 劉局長は「国内外の『チベット独立』の分裂勢力がぐるになって行った。ダライ(・ラマ)集団が分裂活動を放棄していないと判断した」と述べ、各地で続いた暴動、抗議行動の背後にチベット仏教の最高指導者ダライ・ラマの存在があると強調。「暴動で(治安部隊による)殺傷性のある武器の使用はなかった」と語った。
 一方、中国新華社通信は17日、暴動について初めて詳細な記事を配信。「ラサ3大寺院の一つ、デプン寺で10日、僧侶約300人が騒ぎを起こしたのが発端」と主張した。記事は寺の僧侶3人が刃物で自分の体に傷をつけて写真を撮り、被害者を装ったと説明した。
 一連の中国側の対応は、「当局による弾圧」との海外の人権団体などの見方を真っ向から否定し、広がる対中非難に対して反撃に出る形になった。ラサは当局が違法行為参加者に出頭するよう呼びかけた期限の18日午前0時(日本時間同1時)を過ぎたが、平穏な状態にある模様だ。
 インド北部ダラムサラのチベット亡命議会は17日の声明で、ラサなどで発生した暴動で「数百人が死亡した」と明らかにしたが、真相はわかっていない。
毎日新聞 2008年3月17日 22時22分 (最終更新時間 3月18日 3時29分)



ダライ・ラマ「統制不能なら退任」 チベット独立論をけん制

2008年3月19日 04時13分
 
【バンコク=大場司】インドからの報道によると、同国亡命中のチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世は18日、本拠地のインド北部ダラムサラで記者会見し、中国チベット自治区での暴動への関与をあらためて否定、チベット情勢が統制不能になれば最高指導者の地位を退く意向を表明した。
 ダライ・ラマは18日に中国の温家宝首相が「十分な証拠がある」としてダライ・ラマ側を暴動の扇動者と厳しく批判したことに「ここに来て徹底的に調べればいい。私の脈拍でも尿でも、何でも調べることができる」と強く反論した。
 チベット情勢について「統制不能になれば、私の唯一の選択肢は完全な辞任だ」と進退に言及。チベット独立を求める動きに「独立は論外だ。中国人とよい関係を築かなければならない」と、亡命政府の目的は非暴力による高度な自治の達成であることを強調した。
 ダライ・ラマは過去の暴動時にも退任を口にしたことがある。今回、進退に言及した背景には、事態の鎮静化を図る一方で、ダライ・ラマが掲げる中国との対話路線への批判が、亡命チベット人の間で広がっていることをけん制する狙いがあるとみられる。
 ダラムサラの亡命チベット人の団体は17日、ダライ・ラマが今夏の北京五輪開催への支持を表明したことに反発。ダライ・ラマの対話路線が「チベット人の多数意見ではない」として見直しを要求していた。
(中日新聞)

<チベット暴動>「かれらの目的は北京五輪の破壊」、「事件」を扇動
―会見で、中国首相
3月19日5時16分配信 Record China

18日、午前に閉幕した全人代に続いて行われた記者会見で、温家宝首相が外国人記者からの質問に、今回のチベット問題について「北京五輪を破壊するのが彼らの目的」と話した。

2008年3月18日、「新華社」の報道によると、第11期全国人民代表大会は午前中に閉幕。人民大会堂では引き続き国内外の記者を招いて、温家宝首相による会見が行われた。

その中で、ドイツ人記者が温首相に「(チベット問題で)北京での五輪開催に疑問を抱く人々の声が西洋諸国にはあるが、これについてどう思うか?」と質問。温首相は「中国での五輪開催は世界の人々にとっても大きなイベント。われわれはオリンピック精神と趣旨を尊重しており、北京五輪を政治化することは決してない。だが最近チベットで発生した事件の本質はまさにそこにある。彼ら(ダライ派)は北京五輪を破壊するため「事件」を起こすよう扇動している」と答えた。

温首相はさらに、「中国は5000年の歴史を持つ国家。五輪開催は数世代にわたる長年の夢だった。北京五輪では各国からの参加選手はもちろん、世界中の人々に満足してもらいたい」と強く語った。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

ななみ
2009年06月27日 09:55
凄く困ってます☆ love-cac@docomo.ne.jp すぐに連絡ください

この記事へのトラックバック