テーマ:本物の詩人になりたい

海に繋がれ

海に繋がれ               テロルが始まり 廃液のような悪臭と 重油のような緩慢さで 暗黒時代が垂れ下がって来る 決断したら、切り捨てる当世風 統るための「崇高な理念」と「責任」 ひとり、ヒトリ、一人、独りが追いつめられる 海に繋がれ  海に繋がれ 海に繋がれ 海に繋がれ 海に繋がれ 海に繋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八月九日を生きる

八月九日を生きる               橘 正博 浦上の原子野に、赤黒く曝(さら)されて 音も光も、嘗(かつ)て私を成した形も無く 浦上の原子野に、爛(ただ)れた身体を磔(はりつけ)られ あるのは煩悶(※1)汚辱、末後の時間 ただ私は、一点の痕跡も無く消滅したい ただ私は、一刻も早く存在を消し去りたい …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

豊穣と喪失の海

豊穣と喪失の海 もし、あなたが 豊かなる滋養の霧が、イタジイ(椎)を包む中 山原(やんばる)の濃厚なる緑を、降り行くなら やがて抜け出るその先に「豊穣と喪失の海」 様々なじんぶん(知恵)に支えられた生活 を見つけるだろう あなたは辺野古の海を見たろうか あなたは辺野古の色合いを感じただろうか あなたは辺野古の気持…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

素晴らしい気分

素晴らしい気分 朝、風呂に入ろうとしている 今日やるべきことのいくつかを頭の中に ゆっくりと、穏やかに、身体を湯船に浸す 身体にまとわりつく水流、思考、苦しみ、感情 何かを決断しながら、何かをごまかそうとしている 目を瞑り、おなじことを二回声に出して言う 割り切ることも必要なんだ 割り切ることも必要なんだ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乾杯

Four Roses 僕が、あの忌まわしい出来事のあった…2001年以来 ずっと封印してきたバーボン。 ちょうど、時を同じくして9.11があったりして、 僕は音楽から離れ、アメリカを、Bluesを、星条旗を憎み避けてきた。 でも…もういいだろう。 許したわけではないが、僕の中で、戦争は終わった。 全ての憎しみに、乾杯を! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オルフェウスと原子爆弾 (異常の連鎖、あるいは失われた継承とその再生)

●前書き● 長い間 とても長い間、僕は長崎の原子野の像(イメージ)を受け入れられませんでした。 それはあまりに、具体的で、恐ろしく悲しく 幼少の頃、僕は毎晩の様に襲いかかるイメージに、苦しみ続けてきました。 端的に言って、許容力を遥かに越える、この悲惨の残像を 僕は必死に、まさに必死に逃げてきたのです。 しかし昨年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

闇を削る

闇を削る 闇を・・・ 君は、ひとり闇を削っている 手探りに、光を求め、粘り強く 君は、ずっと闇を削り続けている 何故にここにいて、こうしているのか それはわからない わからない 「闇に質量がある訳がない、だから  僕は具体的な何かを削っている」 こんなにも冷たく、そして頑なな何かを 僕は、ひとり削り続…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

発熱の日々(再帰性の事を考えながら)

発熱の日々(再帰性の事を考えながら) どうしたらいいのでしょうか どうしたらいいのでしょうか ただ痛みをこらえて、再帰性の事を考えていたら 冥界(ハーデス)の森を彷徨う、まるで迷子の気分です 革命鳥の鳴き声は、時代を予感させてくれますが いつも簒奪者と脱落者は、立場を変えて堂々巡り それはまるで、尻尾を喰らう蛇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

薄切りの記憶

「薄切りの記憶」  薄切りの記憶は レモンの様に断定的で刺激的 薄切りの記憶は 地層の様に積み重なり、僕達を混乱させる。 幾時代かの「戦争」があり、 知らない場所での「惨事」があり 記憶の断片をかき集めて 全体を推し量ろうとする事の難しさ。 「昔は良かった。」とひとは言うけれど 何かをごまかし逃げてる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国道沿いのダイナー

国道沿いのダイナー 国道沿いのダイナー、週末ともなれば 午前零時を過ぎても、酔客で賑わう 散発的に起こる笑い声は、間欠泉の様 ビールジョッキと、食べ残しのステーキ 誰もが、本当は楽しそうでは無く また来る明日をごまかしてる様子 ウエイターは店内の喧噪を、反射神経で 器用にすりぬけて、的確に状況を捌…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブログ標題「本物の詩人になりたい」について

ことし2月、僕は思想の科学研究会への入会が承認されました。 入会にあたっての弁で、本ブログの標題「本物の詩人になりたい」を説明致しました。 「思想の科学」は老舗でありますが、1996年の休刊により一般に流通しておりません。 皆さんにも読んで戴ける場を作りたく、ここに転載致します。 入会の弁                …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more