テーマ:コラム

「味覚」と「メランコリー」

「味覚」と「メランコリー」                                                               橘 正博 (1)さだまさし原作の「ちゃんぽん食べたか」というドラマが、NHKで放映されたのは2015年のことです。かつて地元・長崎で神童と呼ばれた“まさし少年”が、単身上京してバ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

僕達は、この撤退戦をどう生き延びるか 1僕たちの不幸を分析する(後編)<グローバリズムの功績と罪過>

前編より続く <グローバリズムの功績と罪過> 先日のテレビをみてると、ハンガリーでも政治状況が極右化している事が報じられてました。率直に、極右化問題は一地方の問題などではなくグローバルな現象だと思いました。 鶏が先か?卵が先か?極右化問題が僕達を不幸にしたのか、それともそれより先にグローバリズムが極右化問題を引き起こしたのか?…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

僕達は、この撤退戦をどう生き延びるか 1僕たちの不幸を分析する(前編)<抑圧の強化をもたらす三つの要

1;僕達の不幸を分析する 居場所を追われる物語。 そして、居場所を失ったものが、別の場所で、また別のものを追い出すでしょう。 彼は言いました。「どんな場所でも、人は見下す相手を必要とするもんだ。そしてあんな奴らに見下されるのはまっぴらご免だ。」 僕はジンをあおりながら、この憂鬱な気分を書いています。 前編 <抑圧の強化…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

物語の危険を考える3 常識、そしてその異なる解釈

「物語の危険を考える3 常識、そしてその異なる解釈」 12月6日特定秘密保護法案が可決されました。 以降、肯定派と反対派のそれぞれから発信された意見を、多く目にしてきました。 僕も反対を表明しているので、反対派に多く見られた「怨嗟の表現」の気持ちはわかります。 また、今回勝ち組の肯定派からの反対派を「小馬鹿にしたよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

物語の危険を考える

物語の危険を考える 久々のブログです。ご無沙汰してました。 今回、いわゆる“物語”が持つ危険性を考えたいのですが、その前に僕自身のエピソードを一つ。 従姉から聞いたのですが、僕は幼児の頃、彼女と会う度に 「大きくなったらウルトラマンになる!」を連発してたそうです。全く覚えてないのですが・・・。 大学生の頃、その話を友人に話…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

闇とコギト

先週末、金曜日。妻の祖母が92歳で他界されました。 お通夜、と葬儀に参加したのですが、あの様な場所では存外に様々な事を考えさせられます。 普段は無意識下に押し込めている「闇」が、平静を装うカーテンの隙間に覗き見えるようです。 カーテンは向こう側に広がる「闇」の動きに合わせ揺れる様です。 しかし、その全体は想像するばかりで…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「場の空気」について考える。

「日本人は、場の空気を読んで生きている」と、よく聞きます。 以前から、この言葉に僕は違和感を覚えてきました。 前半の「日本人は~」のくだりは、ひとくくりに出来ないはずだと思ってます。 そして後半の「場の空気」の部分は(実際よく目にしますが)嫌な印象ですね。 「同調伝達」という言葉があるそうです。 たとえば、隣り合う二軒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Steve Jobsの死を悼んで

昨日、昼休みの昼食時に「彼」の死を知った。 そして、Facebookにこんな風に投稿した。 ”僕も、「彼」の死を知ったのは、「彼」が産み出したiPhoneの画面上でだ。冥福をお祈りします。” 改めて、僕は「彼」の事を好きだった事を思い知らされる。 9.11以降のアメリカが嫌いだったが、 appleとStev…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

泳ぎを教えるって難しい!

13日から14日は実家で過ごし、 15日の昨日は宗像のプールに行きました。 だから三日間自転車乗ってません。 ところで、みなさん泳ぎってどうやって覚えましたか? 僕の場合、「浮き方」は教わった覚えあるんですが、 「泳ぎ方」は見様見真似だったような気がします。 僕は、5歳から6歳までを長崎県の離島「壱岐」で過ごしました…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

四王子山の測量

今日は僕の自転車のサイコンを使って、四王子山の測量をしてきました。 宇美側からの登りと、太宰府側からの登り両方を計測しました。 方法はこうです。 スタート地点からの距離をX軸、そしてその標高をY軸としてとらえ記録していきました。 宇美側)                         X  , Y   次の地点までの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「アフリカ」について

「アフリカ」について 先日、僕が一方的に憧れてる「アフリカ」について、当ブログに書いたところ、 長崎にて「稲佐山友の会」をしてる、しんばる君からコメントいただきました。 まずは、しんばる君、ありがとう!!! 以下しんばる君のコメントから引用 >コメントがだいぶ遅れてしまいましたが、アフリカを走るツアーが確かあったは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クルマって興味ないな~

自動車が売れない時代だそうですね。 僕も、以前と比べるとほとんどクルマに関心ありません。 ・・・しかし僕の場合、ロードバイクに乗るようになってから、 この傾向が強くなったので、一般的とはいえません。 ただ、世間一般でクルマ離れが著しく叫ばれるようになった時期とは重なるんです。 「世間の車離れ」と、僕の「車への興…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

アフリカ

唐突ですが、行きたいところがあります。 それは、アフリカです。 説明できる理由はほとんどないけど、 熱病にうなされるように、あこがれ続ける場所 アフリカ! 最悪の憎悪と戦争があれば、躍動する希望の大地でもある場所 アフリカ!アフリカ!アフリカ! 当ブログに以前 「美しい牢獄と貧しく汚れきった自由」というフィク…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

考え方と行動次第

「青い鳥」の話を持ち出すまでもなく、 幸せは、案外身の周りにあるかもしれません。 同じ状況下でも、考え方と行動次第では 幸福にも不幸にも変る・・・という事実。 これが、僕の少ない経験から、導き出した結論です。 経験1) 1980年代学生だった僕は、仕送りとアルバイトで得た給料で生活していた。 決して贅沢してるつもり…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

少しだけ、謎多き人を紹介します。

少しだけ、謎多き人を紹介します。 僕の祖父です。 僕が生まれる前に亡くなっているので直接会った事はありません。 しかし、親族や親父から聞く祖父の話は、破天荒で謎に満ちてます。 実は、この前長崎に帰った時、祖父の事が知りたくて立ち寄った場所があります。 ********************************…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飛行船の話。

昨年のtwitter上で、「日本飛行船」の方が呟いてらっしゃいました。 空からの眺めに添えられたつぶやきがちょっとした話題になってました。 僕はその飛行船から撮られた写真を見るのを、秘かな楽しみにしてました。 しかし、この日本飛行船は昨年7月で破産申請されたとの事で、すごく残念に思ってます。 ところで、この飛行船という乗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福岡地区のラジオ局が『radiko.jp』に参加 4月22日(金)10時より実用化試験 配信を開始

残念ながら今日は走ってません。 夕方、T田さんからメールをいただき、走りたい気持ちはヤマヤマなんですが・・・ 仕事の都合がつかずだめでした。 それにしても、僕のブログなんかを読んでくださる方が、案外いらっしゃるみたいです。 「読んでますよ。」なんて聞く事が時々あって少し驚いています。 T田さんも昨日登ったショウケの事を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

僕としての立場は反原発ではないのですが

インフルエンザに感染して、隔離軟禁状態にあった最中 もっぱら本を読んでいました。 その中の一冊「なぜ脱原発なのか/西尾 漠・著(緑風出版)」 僕としての立場は(後で明らかにしますが)、反原発ではないのですが一定の説得力がありました。 この本の冒頭になぜ原発を廃止しなければいけないか、15の項目にわたって箇条書きされていま…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

実際に会う事

週末と言うのに、こんなに晴れてるというのに 病み上がりで調子が出ず、四王子山ヒルクライムせず帰ってきてしまいました。 なんか残念な気分。 さて、話は変わって…。 よくチェックしてるサイトを見たらこんなのがありました。 「実際に会う」ことの重要性:研究結果 http://wiredvision.jp/news/201102/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お好み焼き作りました。

今日は、晩御飯を僕が作る事を宣言しました。 お好み焼きです。 実は広島風も大好きなんですが、僕の力じゃ無理っぽいんですね。 だから、以前教えてもらった関西風です。(実際のところ、本場の奴は食べた事がないので本物と違うかもしれませんが。) まずは、出汁を作ります。 そこに粉(薄力粉)を混ぜます次に、キャベツを千切りにします。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

facebookを始めて数カ月

facebookを始めて数カ月。 フレンドリクエストに応じてくださった方に、宮崎の方が二人いらっしゃるんですね。 二人とも自転車乗りです。 お二人がfacebook上に上げてくる内容には、ここ最近の宮崎の状況が反映されています。 ・鳥インフルエンザの発生とそれに伴う諸問題。 ・霧島連山・新燃岳の噴火と降灰。 しかし、この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「Facebookビギナー講座~楽しい活用術」という勉強会に行って来ました。

「Facebookビギナー講座~楽しい活用術」という勉強会に行って来ました。 場所は博多駅近くの福岡東総合庁舎でした。 19:30からという事でしたが、少しだけ手間取ってしまい時間ギリギリ会場に到着。 今日の講師のふじかわさんは、すでにいつでもOKとばかりにスタンバってらっしゃいました。 会場はWI-FIも大丈夫とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2月1日の、四王寺ヒルクライム。

2月1日火曜日 今週最初の四王寺ヒルクライム。 凄~く遅かった先週の新年会のヒルクライムを反省して、 今日は課題を2つ決めて走った。 漫然と走るより、効果があるとかんがえるから。 一つは、アウター縛り。 これは昨年末、経験済みなので、 精神的負担はすくなかった。 肉体には負担があるけれど。 二つ目の課…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

twitterについて

まもなくtwitterを始めて1年になる。 いろいろあったとも思うが、大きな変化があったかと問われると、 …それほどでもかな?  ←「はっきりせんかい」とチョップが飛んできそう。 twitterに関して僕の今日現在の状況はこうだ。  橘 正博 @creole_tpmについて.  ツイート;1,674  フォローしている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

万国のよそ者よ連帯しよう!

よそ者である事は、悪いことばかりではない。 境界を横断的にすり抜けることで、異なる文化や、異なる言葉、異なる人生を体験できる。 それは同じ所に執着し住み続ける人間には決して体験できないこと。 まだ幼く子供だったころ転校する度に、僕は嘆いてばかりいた。 転校すると、人間関係を始め今まで築いてきたいろんな事が強制的にリセットさせ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ソーシャル・ネットワーク」を観て

映画「ソーシャル・ネットワーク」を観たのはちょうど1週間前。 「facebook」の創始者マーク・ザッカーバーグがfacebookとその物語を どのように紡ぎだしたかを、虚実ないまぜに描いた映画だ。 とにかく凄い! いくつかの時間軸がパラレルで流れていく中、主人公の思考の速度を追体験するうちに 僕らは軽い興奮状態を覚える。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四王子ヤレン;1月27日

今週に入って初めての四王子ヒルクライム。 寒い日が続くのを言い訳に、月曜・火曜・水曜と3日間もさぼった。 会社と自宅の往復のみなら自転車乗った内に入らないと僕は決めている。 今日はN君と一緒に登る。N君も走ってなかったらしい。 案の定、衰えている。 「くそっ、くそっ、くそっ、こんなんで疲れるなんて。」 ギアは軽めのに合わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Vabel について知っていること。

1月23日(日)Vabel Conference 2011 が東京にて開催されました。 このカンファレンスは、Vabelという NPO 主催のイベントで、 テーマレス・タイムレス・プレースレスを掲げて行われた知識人の方々のスピーチとQ&Aがメインのイベントでした。 当然、九州の片田舎に住む僕としては参加できませんでしたが、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Who am I ? (自分が何者であるか)2

昨日書いたことの補足 自分が、何者であるかを説明するという事は、前提として「変わらない私」があると思う。 しかし、厳密に言うと「昨日の私」と、「今日の私」、そして「明日の私」は、違う。 誰もが受け入れ難いが、受け入れねばならない変化に「老い」がある。 私たちは時間軸の中において、絶えず変化しているのだ。 自分が何者であ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WHO AM I ? (自分が何者であるか)

Because we are (you are) travelers poetry and also merchants 私たちは、(あなたは)旅人であり詩人であり商人である。 So we can overcome this difficulty だからこの難局をらくらくとのりこえるだろう Like the bird tha…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more