テーマ:意見

「味覚」と「メランコリー」

「味覚」と「メランコリー」                                                               橘 正博 (1)さだまさし原作の「ちゃんぽん食べたか」というドラマが、NHKで放映されたのは2015年のことです。かつて地元・長崎で神童と呼ばれた“まさし少年”が、単身上京してバ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

僕達は、この撤退戦をどう生き延びるか 1僕たちの不幸を分析する(後編)<グローバリズムの功績と罪過>

前編より続く <グローバリズムの功績と罪過> 先日のテレビをみてると、ハンガリーでも政治状況が極右化している事が報じられてました。率直に、極右化問題は一地方の問題などではなくグローバルな現象だと思いました。 鶏が先か?卵が先か?極右化問題が僕達を不幸にしたのか、それともそれより先にグローバリズムが極右化問題を引き起こしたのか?…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

僕達は、この撤退戦をどう生き延びるか 1僕たちの不幸を分析する(前編)<抑圧の強化をもたらす三つの要

1;僕達の不幸を分析する 居場所を追われる物語。 そして、居場所を失ったものが、別の場所で、また別のものを追い出すでしょう。 彼は言いました。「どんな場所でも、人は見下す相手を必要とするもんだ。そしてあんな奴らに見下されるのはまっぴらご免だ。」 僕はジンをあおりながら、この憂鬱な気分を書いています。 前編 <抑圧の強化…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

僕達は、この撤退戦をどう生き延びるか 序;負け戦である。しかしその先を考えなければならない

僕達は、この撤退戦をどう生き延びるか 序;負け戦である。しかしその先を考えなければならない まさに“負け戦”だと思います。 しかし、いったい何と戦っているのでしょうか? 相手は誰なんでしょうか? そもそも、僕達は戦っているのでしょうか? それは得体の知れない巨大さです。 それは原初的で、粗野で、残酷で、抑圧…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

物語の危険を考える3 常識、そしてその異なる解釈

「物語の危険を考える3 常識、そしてその異なる解釈」 12月6日特定秘密保護法案が可決されました。 以降、肯定派と反対派のそれぞれから発信された意見を、多く目にしてきました。 僕も反対を表明しているので、反対派に多く見られた「怨嗟の表現」の気持ちはわかります。 また、今回勝ち組の肯定派からの反対派を「小馬鹿にしたよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

物語の危険性を考える2 描写をすること

“米機は終日頭上にあったが、米軍は直ちに追求しては来なかった。 「奴らは怠け者だからこんなとこまでやって来やしないさ。 そっちが来なけりゃこっちだって行かないや。そのうち戦争も終わるだろう」 と我々の当分の宿舎となるべき小屋掛け作業をしながら或る下士官が言ったが これは我々の希望のかなり端的な表現であった。” 「俘虜記」大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しかし、服従はもう終わり。

特別秘密保護法案が衆議院で可決した。 この国にとって最悪の始まり。しかし、服従はもう終わり。 この曲が、僕を奮い立たせる。 BYE BYE BAD MAN music by STONE ROSES(翻訳;橘正博) ずぶ濡れになるまで、放水すればいい。 あんたは僕を海に溺れさせる気だろうが 服従はもう終わり。そして僕…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

物語の危険を考える

物語の危険を考える 久々のブログです。ご無沙汰してました。 今回、いわゆる“物語”が持つ危険性を考えたいのですが、その前に僕自身のエピソードを一つ。 従姉から聞いたのですが、僕は幼児の頃、彼女と会う度に 「大きくなったらウルトラマンになる!」を連発してたそうです。全く覚えてないのですが・・・。 大学生の頃、その話を友人に話…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「棒読みのエクリチュールが僕達を縛る」

「棒読みのエクリチュールが僕達を縛る」 長く感じた一週間が、やっと終わります。 先日書いた詩の冒頭で「角砂糖の形の鬱」と書いたのは比喩でも何でもなく・・・ リアルにキューブ状の「鬱」を噛み砕きながら一週間を過ごしました。 罵声が、聞こえてきます。 困った事に、僕の中からも湧き出てきます。 外部の音だけだったら雑音(ノ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

開放系・閉鎖系についての論考

「系が閉じた人の考え方は、強いけど、現状依存的で硬く、  系が開いた人の考え方は過去と未来の要素が強く柔らかいけど、  パンチ力がすくないんですよね。」 ●開放系 閉鎖系 本間先生からいただいたこの言葉に着想を得て、先日詩を書きました。 「egg(開放系?閉鎖系?)」 「開放系 閉鎖系」は、自然科学でも使われる言葉で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「事実というものは存在しない、そこには解釈があるのみである。」

「事実というものは存在しない、そこには解釈があるのみである。」 こう言ったのはニーチェだったでしょうか。 事実は幻想に過ぎず、それぞれの勝手な解釈でしかない・・・と言う事だと思います。 「相対性理論」「不確定性原理」「量子力学」 ・・・20世紀の物理学はこの思想を裏付ける形になった様です。 ここに我々が持つ「根源的な問題」…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

悪いのは「システム」であって「誰か=生け贄」では無い???

悪いのは「システム」であって「誰か=生け贄」では無い??? ざっと列挙します。 「利権構造」「腐敗した政治」「混迷する経済」「格差社会」「グローバリゼーションの弊害」などなど こういった言葉を(・・・ウンザリする程ですが)聞かない日は無いと思います。 さて、ここで敢えて意地悪な質問です。 問)ここにあげた問題の数々…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「自転車=邪魔者」というドライバーの考え方

先日twitter上で以下のような事を呟きました。 このような状況をどう思いますか?; 一般道を時速35km/h巡航中のロードバイク。 後続車両2台が追い越しをかける。先行する車が突然思いついたようにウインカーを出し左折。 2台目が急停車。ロードバイクは避けきれずに2台目の車に追突。 車の運転手は「自転車の出すスピードでは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more