ワルモノ先生の講義/伝統(1)

画像

過去とは、それぞれの解釈でしかありえない。
例えば、君が考える「フィリピン独立に至る経緯」と、
私が実際体験したそれとでは、当然、違いがある。わかるよね。
もちろん、専門的な検証や、すり合わせは、ある程度可能だろう。
しかしここで問題なのは、すり合わせの不可能性よりも
「違いがある」ということに無自覚なことだ。
われわれは、数億年前にアフリカのサバンナを旅立って以来、
世界各地に散らばりながら、それぞれの場所に順応しながら生きてきた。
当然のことだが、みんなそれぞれ「違いがある」のだ。
この当たり前のことを、もっと深刻に自覚すべきだ。
自分の価値観は絶対ではない。他者に押し付けてはならない。

*********この話はフィクションです。******************

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック